逸木裕

祝祭の子

祝祭の子作者:逸木 裕双葉社Amazon宗教団体が起こした大量殺人事件で実行犯として生き残った5人の子供たち。 14年後、迫害や差別を受けながら生活する中、かつての首謀者が殺され生き残りの子供たちも次々狙われる。 設定や背景にかなり読み応えがあるものの…

風を彩る怪物

風を彩る怪物作者:逸木裕祥伝社Amazon音大受験に失敗したフルート奏者の陽菜は姉の住む田舎を訪れ オルガン造りに触れることで自分に向き合っていく。 同い年で父親のオルガン造りを手伝う朋子との描き方の対比や絡め方もうまく 2人の友情を描いた成長物語に…

五つの季節に探偵は

五つの季節に探偵は作者:逸木 裕KADOKAWAAmazon女探偵みどりの探偵としての始まりから成長を描く連作短編集。 『星空の16進数』の登場人物だったのはすっかり忘れていた。 高校時代の話が良かったけど、ラスト特に何もなく終わってしまったのはまだ続くとい…

空想クラブ

空想クラブ作者:逸木 裕発売日: 2020/08/28メディア: 単行本かつて『空想クラブ』でともに活動した友人真夜の死の原因とは。 見たい風景を見る能力を持つ駿は真夜の幽霊と元メンバーとともに真相を探る。 情景の浮かぶ心揺さぶる文章力はさすが。 真相はかな…

銀色の国

銀色の国作者:逸木 裕発売日: 2020/05/29メディア: 単行本自殺対策NPO法人の晃佑は友人の自殺の謎を追い、VR世界『銀色の国』に辿り着く。 複数の視点で描くが、詩織パートが壮絶だったな。 かなり重いテーマで、ラストにもっと沈む気分を盛り返すものが欲し…

電気じかけのクジラは歌う

電気じかけのクジラは歌う作者: 逸木裕出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/08/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見るAIによる作曲アプリが普及した近未来を舞台に、元作曲家の岡部は友人の作曲家名塚の自殺の謎を追う。 世界観や設定は良く練られ…

星空の16進数

星空の16進数作者: 逸木裕出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/06/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る空気の読めない性格が災いし高校を辞めデザイナー事務所で働く藍葉は自身の過去の誘拐事件について調べる。 依頼された探偵みどりと…

少女は夜を綴らない

少女は夜を綴らない作者: 逸木裕出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/07/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見るビターで重めな青春ミステリ。 重いテーマながらも読み心地は悪くないんだけど、全体的にモヤッとしたものが残る。 これはき…

虹を待つ彼女

虹を待つ彼女作者: 逸木裕出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2016/09/30メディア: 単行本この商品を含むブログを見る人工知能をテーマにした近未来ミステリ。 次々と予測できない展開で読み応えがあり楽しめた。 厨二チックなキャラ揃いだけどそれも良い。 …