カンブリア-邪眼の章- 警視庁「背理犯罪」捜査係

超常能力を使った『背理犯罪』に立ち向かう尾島と閑谷のコンビ。
いつもながら警察小説として読みやすく、非現実的な能力と真っ当に立ち向かい立件しようとする姿は熱い。
先の読めないテンポの良い展開で楽しめた。
この終わり方と伏線の残し方は続編に期待したい。
☆☆☆☆

これは経費で落ちません!(7)~経理部の森若さん~

合併や昇進と社内の動きはあったが、今回は恋愛小説より。
というか森若さんいつの間にこんなに太陽に依存してたんだ。
普通の恋するヒロインじゃないか。
ギャップが良かったのにな。
☆☆☆+

同棲から始まるオタク彼女の作りかた(5)

物足りない完結。
心ルートに入るには一冊二冊は足りなかった気がする。
ましろやゆめはまあ仕方ないとしても、三波さんの扱いとかはオタリアの焼き直しかと思ってしまう。
予定調和がすぎる。
☆☆☆

亡びの国の征服者(1)~魔王は世界を征服するようです~

異世界転生もの。
壮大な世界観と軽妙な語り口、魅力的なキャラは無職転生を彷彿とさせる。
まだ少年期だけど、大人びた語り口とテンポの良い展開は全く飽きさせない。
これからどう戦記譚になるのか楽しみ。
☆☆☆☆+

タイタン

タイタン

タイタン

  • 作者:野崎 まど
  • 発売日: 2020/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
野崎まどが描く壮大なSFエンターテイメント。
AIタイタンにより全てが平和に管理された近未来。
不調の見えるタイタンへのカウンセリング。
予測不能で超展開気味ながら、AIと人間の関係や仕事とは何か、しっかり答えを出していて考えさせられる内容。
もっと膨らませて欲しいともったいなさすら感じる。
☆☆☆☆

龍探 特命探偵事務所ドラゴン・リサーチ

ハードボイルドミステリ。
バツ3の元刑事の遊佐が元妻や依頼人とともに裏社会を行く。
コロコロ変わる視点や登場人物の多さでかなり読みにくさを感じたけど、勢いのついた終盤は持ち直した印象。
女性陣に恵まれてるな。
他シリーズとの関わりに全く気づけなかった。また青春モノも書いて欲しい。
☆☆☆+