不老虫

不老虫

不老虫

寄生虫・不老虫の脅威を描くパニックサスペンス。
テンポ良く読みやすい展開でバディものとしても面白かったが、テーマの割にはこじんまりとした印象も。
表紙は損してるよなあ。
☆☆☆+

むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

日本昔ばなしの世界観を題材にしたミステリ。
誰もが知ってる話なので入り込みやすいが、結末はなかなかにブラック。
『鶴の倒叙がえし』のつくりが凝っていて一番いい出来に思えた。
☆☆☆+

スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居

スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居 (電撃文庫)

スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居 (電撃文庫)

百合ではなかった。
漫画家を目指すヤンキー系少女と面倒見のいい家庭的少女の友情もの。
ストーリーラインとしては王道。
蓮の家庭環境はそこまで悪くしなくても良かったんじゃないかなあ。
仲良くなったその後ももう少し描いて欲しかった。
☆☆☆+

幼なじみが絶対に負けないラブコメ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

久々の新作。
タイトル通りなのかタイトル詐欺なのか。
黒白ヒロインは両方かわいい、けど末晴のブレブレな感じがなあ。
もう少しラストの展開に説得力が欲しかったかな。
☆☆☆+

今、死ぬ夢を見ましたか

今、死ぬ夢を見ましたか (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

今、死ぬ夢を見ましたか (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

電車の中で見る夢は現実になり、死の未来を変えられない男女、井瀬と紗世。
先の気になるサスペンスフルな展開で、ある程度は予測できるものの、その上を行くドラマチックな結末。
仕方ないとは言えあまりにもやるせないラスト。
もうひとつの未来も見てみたかった。
☆☆☆☆

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか?

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか? (講談社ラノベ文庫)

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか? (講談社ラノベ文庫)

ブコメと言うより素直になれない兄妹のホームコメディと言った感じ。
VRゲームの部分もツンデレ妹やサブキャラたちも至って普通。
これと言った見どころが欲しかった。
☆☆☆

世界で一番かわいそうな私たち 第三幕

全ての謎が解ける第三幕。
杏先生の過去とバスジャック事件の絡む過去は悲しすぎる真相。
悲しいというひと言では表せない何とも言えない気持ちに。
意外なあの人の正体にも驚いた。
この結末はセカンドシーズンを期待せずにはいられないでしょう。
☆☆☆☆+