友井羊

放課後レシピで謎解きを うつむきがちな探偵と駆け抜ける少女の秘密

放課後レシピで謎解きを うつむきがちな探偵と駆け抜ける少女の秘密 (集英社文庫)作者:友井 羊集英社Amazon極度のあがり症な結と物怖じしない言動で浮きがちな夏希の2人が校内の事件を解決していく連作ミステリ。 ミステリとしても良く出来ていて、前作同様…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 朝食フェスと決意のグヤーシュ

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 朝食フェスと決意のグヤーシュ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者:友井 羊宝島社Amazon今回は朝活フェスの運営を任されることになった理恵の奮闘を描く。 要所で冴え渡る麻野の推理とスープを通じた交流。 理恵と露…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 心をつなぐスープカレー

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 心をつなぐスープカレー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者:友井 羊発売日: 2021/01/08メディア: 文庫もはや安定感抜群のシリーズ。 2人の関係は相変わらず焦れったいが。 短編集ながら全編に渡って描かれるえんと…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 子ども食堂と家族のおみそ汁

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 子ども食堂と家族のおみそ汁 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者:友井 羊出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2019/12/05メディア: 文庫子ども食堂で出会った子どもたちの事件や麻野の母親との問題。 スープ屋しずくの外…

無実の君が裁かれる理由

無実の君が裁かれる理由作者: 友井羊出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2019/08/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る自分が冤罪事件に巻き込まれたことをきっかけに、冤罪と疑われる事件に立ち向かう連作短編ミステリ。 社会派ミス…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 友井羊出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2018/12/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る理恵はいろいろな謎や悩みをスープ屋しずく店主…

映画化決定

映画化決定作者: 友井羊出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2018/01/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る映画製作を通じたひと夏の青春ストーリー。 これは最近の病気モノに対するアンチテーゼなのか。 あれだけ伏線張ってるんだから、…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 友井羊出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2017/11/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見るシリーズ三作目。 まさに温かいスープのような作品に…

向日葵ちゃん追跡する

向日葵ちゃん追跡する (新潮文庫nex)作者: 友井羊出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/08/27メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る元ストーカーながらセキュリティ会社の調査員を務める向日葵の設定が面白かったものの、あまり生かしきれてない…

魔法使いの願いごと

魔法使いの願いごと (講談社タイガ)作者: 友井羊出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/08/22メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見るどこか幻想的なファンタジックストーリー。 盲目の少女と魔法使いの出会いから始まる友情物語。 特に捻りもなくひ…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 今日を迎えるためのポタージュ

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん ~今日を迎えるためのポタージュ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 友井羊出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2016/02/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見るスープ屋しずくを舞台に、広がる人間関係や…

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 友井羊出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2014/11/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (14件) を見るスープ屋しずくを舞台にした連作短編集。 ミステリとしては狙い過ぎな仕掛…

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫

スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)作者: 友井羊出版社/メーカー: 集英社発売日: 2016/10/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見るお菓子作りと吃音をテーマにした青春ミステリ。 青春小説として心が暖か…