澤村伊智

ばくうどの悪夢

ばくうどの悪夢作者:澤村伊智KADOKAWAAmazon比嘉姉妹シリーズ。夢の怪異ばくうど。 そのせいか夢なのか現実なのか若干ストーリーがややこしく あまり物語に入り込めなかった。 終わり方もモヤモヤする。 E(☆☆☆)

怪談小説という名の小説怪談

怪談小説という名の小説怪談作者:澤村 伊智新潮社Amazonノンシリーズホラー短編集。 オーソドックスなホラーやひねり過ぎな話が多い印象だけど 『笛を吹く家』くらいのシンプルなどんでん返しが好き。 D(☆☆☆+)

怖ガラセ屋サン

怖ガラセ屋サン作者:澤村 伊智幻冬舎Amazon都市伝説「怖がらせ屋さん」が関わるホラー短編集。 多種多様な怖さを描いていてオチまでの流れが巧み。 『見知らぬ人の』のラストに反転する怖さがたまらない。 D(☆☆☆+)

邪教の子

邪教の子作者:澤村 伊智文藝春秋Amazonあるニュータウンに引っ越してきたカルト宗教を盲信する家族。 慧斗は虐待を受ける子供の茜の救出に乗り出す。 話が二転三転するどんでん返しが巧いが、中盤のものに比べて大オチが弱いというか肩透かしな感じ。 この盛…

ぜんしゅの跫

ぜんしゅの跫 (角川ホラー文庫)作者:澤村伊智発売日: 2021/01/22メディア: 文庫比嘉姉妹シリーズ短編集。 過去作と繋がりのある話もあってシリーズを読み返したくなる。 短編でも読み応えがあるな。 ☆☆☆+

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿作者:澤村伊智発売日: 2020/10/14メディア: 単行本(ソフトカバー)ウェブマガジン『アウターQ』の取材先でのエピソードを描く連作オカルトミステリ。 連作らしく最後に伏線が生きてくる展開が巧い。 登場人物も癖のあるキ…

うるはしみにくし あなたのともだち

うるはしみにくし あなたのともだち作者:澤村 伊智発売日: 2020/08/19メディア: 単行本(ソフトカバー)高校を舞台にした女生徒たちの美醜やカーストをテーマにしたホラーミステリ。 最近はホラーの域に収まらない作風で、さすがのリーダビリティ。 ただ読後…

ファミリーランド

ファミリーランド作者: 澤村伊智,mieze出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2019/07/18メディア: 単行本この商品を含むブログを見る近未来を舞台にしたSFホラー短編集。 便利になりすぎるのも考えものか。 オカルトなホラーと違った意味での人間の心理の怖さ。…

予言の島

予言の島作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/03/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見る孤島を舞台に予言に基づく死の惨劇。 いつものホラーと違いガチガチの本格ミステリ。 ただいまいち物語として盛り上がりに欠けるか。 確かに…

ひとんち 澤村伊智短編集

ひとんち 澤村伊智短編集作者: 澤村伊智出版社/メーカー: 光文社発売日: 2019/02/19メディア: 単行本この商品を含むブログを見るノンシリーズのオカルトホラー短編集。 ゾクゾクする怖さと先の気になるストーリー展開は巧みだが、オチが弱めか。 ただ『ひと…

などらきの首

などらきの首 (角川ホラー文庫)作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/10/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る比嘉姉妹シリーズ、今回は初の短編集。 やはりホラーとしての怖さはもちろん、話としての巧さも感じる。 短編でも…

ししりばの家

ししりばの家作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/06/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る一応比嘉シリーズなのかな。 十分面白いし怖さもあるんだけど、今までの作品に比べるとちょっと落ちるか。 しかしこの家の得体の…

恐怖小説 キリカ

恐怖小説 キリカ作者: 澤村伊智出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/01/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る著者自身を主役にした自伝風ホラー。 これは怖い、いろんな意味で。今まで作品とはまた違った怖さ。 描写力、構成力は抜群だな。…

ずうのめ人形

ずうのめ人形作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/07/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る話を聞いた者は確実に死ぬ都市伝説ずうのめ人形。 前作同様リーダビリティ高い文章で怖いというより面白い。 投稿原稿…

ぼぎわんが、来る

ぼぎわんが、来る作者: 澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/10/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見るホラー小説大賞受賞作。 まず純粋に怖い。けど先が気になって読む手が止まらなかった。 3章仕立てで、それぞれ語り…